作成者別アーカイブ: takatobooktown

オナニー指示

「好きです。付き合ってください。」「ごめん。俺は今彼女とかいらない。」「なんでもします。だから、そんなこと言わないで下さい。」「なんでもするなら、オナニー指示したらそれもやるのか。」「オナニー指示ですか。やります。先輩と付き合えるならなんでもします。」これがきっかけに私は大好きな先輩と付き合えるようになりました。その代わりオナニー指示を会うたびにされています。

「今日、下着着てないよね。」「はい。」「じゃぁ、一緒にサイクリングするか。」「えっ。」「嫌か。」「先輩とのデート嫌がるわけないじゃないですかやります。」こうして私は下着なしで自転車に乗りました。唯一の救いだったのが服装の指示がなかったためジーパンを履いていたことでした
オナニーの見せ合いができる女の子を求めて
。そして、サイクリングをなんとか無事に終わり近くのトイレに先輩と一緒に入り、私のズボンを脱がさせました。「いやらしいな。濡れているじゃないか。ズボン臭くなってないか。」そう言って先輩はさらに私のアソコを触り出しました。「先輩、ダメ。いっちゃいそう。」「いくな。いったら別れるぞ。」私は必死に耐えました。その後先輩のアレを私に入れてきました。何度も何度も激しく突かれ先輩と2人でいっちゃいました。こういくことが何度も続き、ゴムはつけずに外だしだけで避妊をしていなかったせいか私は妊娠しました。それを先輩に伝えると「結婚するか。」あっさりと、結婚の言葉が出て驚きましたが先輩と結婚できて嬉しいです。
テレセ
オナニー鑑賞