月別アーカイブ: 2017年12月

お金くれるパパ

世の中には色んな考えを持った人が存在していますので面白いですよ。
お金くれるパパが欲しいといって出会い系で男性を漁っている女の子が存在していることを知っていますか?

自分はこれまてやそういう女の子の存在を信じていませんでしたが、実話際に今回の出会いでそれを信じることになりました。
本当にひとつひとつの対応をしっかりとしているような気遣いの出来る女の子が出会い系を使っているんですよ。

しかもそれもお金くれるパパを探しているんです。
そして出会えたら間違いなく体の関係まで持っていけるという最高なオプション付きです。
自分自身でとにかく積極的に色んな女の子に出会うためには間違いなく出会い系を使うことがいいと思いました。

今回の彼女はとにかく美人さんで自分には間違いなく勿体無いようなタイプです。
普通に誰に見られたとしても自慢ができるようなルックスの持ち主ですし、スタイルも本当にモデルなんじゃないかというくらいに素晴らしんです。
パパの探し方を知る幼馴染のパパ活のやり方

髪の毛はサラサラのロングヘアーで歩く姿は颯爽としています。
一緒に歩いていると必ず二度見されるような素晴らしいクオリティの女の子ですので本当に自慢しかできないですね。

そんな彼女ですが自分のことは最初はお金くれるパパだと思いながら絡んでいたようですが、今ではもう一人の男性としてみてくれています。

だからこそ最初にあげていたお小遣いもいらないというくらいになりましたし、実際に会っていても恋人のように絡んでくれています。
ここ最近の生活の中でも間違いなく今が一番自分にとって充実しているような時間だと断言できますね。

こんなに美人さんと付き合えるような環境を出会い系が用意してくれるとは思ってませんでした。
オナニー鑑賞

オナニー指示

「好きです。付き合ってください。」「ごめん。俺は今彼女とかいらない。」「なんでもします。だから、そんなこと言わないで下さい。」「なんでもするなら、オナニー指示したらそれもやるのか。」「オナニー指示ですか。やります。先輩と付き合えるならなんでもします。」これがきっかけに私は大好きな先輩と付き合えるようになりました。その代わりオナニー指示を会うたびにされています。

「今日、下着着てないよね。」「はい。」「じゃぁ、一緒にサイクリングするか。」「えっ。」「嫌か。」「先輩とのデート嫌がるわけないじゃないですかやります。」こうして私は下着なしで自転車に乗りました。唯一の救いだったのが服装の指示がなかったためジーパンを履いていたことでした
オナニーの見せ合いができる女の子を求めて
。そして、サイクリングをなんとか無事に終わり近くのトイレに先輩と一緒に入り、私のズボンを脱がさせました。「いやらしいな。濡れているじゃないか。ズボン臭くなってないか。」そう言って先輩はさらに私のアソコを触り出しました。「先輩、ダメ。いっちゃいそう。」「いくな。いったら別れるぞ。」私は必死に耐えました。その後先輩のアレを私に入れてきました。何度も何度も激しく突かれ先輩と2人でいっちゃいました。こういくことが何度も続き、ゴムはつけずに外だしだけで避妊をしていなかったせいか私は妊娠しました。それを先輩に伝えると「結婚するか。」あっさりと、結婚の言葉が出て驚きましたが先輩と結婚できて嬉しいです。
テレセ
オナニー鑑賞