月別アーカイブ: 2017年10月

パトロンが欲しい

田舎暮らしにあこがれていて、いずれはどこかの田舎に土地を買って、自給自足の生活をしたいと夢見ています。
そのために、ブログなんかも毎日書いてますし、なんとかネットで現金収入が得られないかと試行錯誤してますね。
それと同時に、田舎暮らしのマニュアルや体験談も読み漁って、自分の夢実現のために何をすべきかっていつも考えてます。
そして、最近、その一つの結論として考えてるのは、パトロン。パトロンが欲しいんです・笑
パトロンが欲しいって身も蓋もないけど、よくよく考えたら、パトロンさえいれば、私の夢って叶ってしまうんですよね。
お金 愛人
月々生活をサポートしてくれる人がいれば、今すぐにだって、田舎暮らしができちゃうわけです。
例えば、こういうパトロンが欲しいんですけど、あ、今から書くことはほとんど理想で、妄想なんですけど・笑
お金持ちで、山の方に別荘を所有している人がパトロンになってくれたとしますよね。
普段は、その人は都会でお仕事なんかをしてたりするわけです。そしてたまに別荘に遊びに来る。
私がちゃんと別荘の管理をしているので、いつ来られても、万全の状態でお迎えできるわけです。
パトロンが欲しいって言ういい方だと、身も蓋もないけど、別荘の管理人として援助してもらうんだったら、お互い利害の一致がはかれるじゃないですか。
最近、この妄想、実現できないかなぁ、なんて思ってるんですよね。
ほら、別荘を持ってるけど、もう行く機会もないっていうお年寄りの資産家ってどこかに探せばいるんじゃないかって思うわけですよ。
愛人契約
パパ活

クリトリス調教

友達なんだけど、同人誌みたいな奴でエロ小説書いてる人がいるのね。
それも、毎回クリトリス調教がテーマで・笑
私もエロい漫画とか小説とか読むことはあるけど、少女漫画っぽい、レディコミにSFとかファンタジー要素が入ってる系のが好きなんだ。
だから、友達が書いてるような世界観のエロ小説って苦手で。
クリトリス調教って、ほら、なんか人体実験みたいなところない?
読んでてもまったく共感できないし、第一気持ちよさそうじゃないんだよね。
それで一回、本人に聞いてみたことあるんだよ。
「クリトリス調教って実際気持いいの?痛そうに見えるんだけど」って。
クリ開発
そしたら「クリトリス調教で痛かったら、それってただの拷問じゃない?気持いいから調教できるんだよ」ってへーゼンと言われた。
いや、だけど、小説読む限りロウソク使ったり、電気使ったり。痛そうだし苦しそうだし、第一危険だよねぇ。
「興味あるなら、クリトリス調教してる人紹介しようか?」って笑って聞かれた・・・。
クリトリス調教してる人っているんだ?っていうか、その人にアナタも調教されてるんじゃ?
なんか色々怖くてそれ以上聞けなくなっちゃった。
友達さ、最初は同人誌でも私が好きなファンタジー書いてたんだよ。
いつの間にかエロ方向に行っちゃって、だんだんわけのわからない世界観になってきて。
クリトリス調教の話ばっかり、しかもそれを面白そうに書いてるのみると、人って相手次第では簡単に変わっちゃうんだなって怖くなったんだ。
クリバイブ
勃起クリトリス